Natural stone

天然石の屋根「クールーフ」

重厚な美観と自然な優しさ、
軽くて涼しい天然石の屋根「クールーフ」

クールーフ工法は天然石である粘板石を使用しています。
粘板石とは数億年にもわたり泥質堆積岩が圧密された地層の地下深くで、地殻変動によってもたらされた高温・高圧によって生じた岩石です。
この岩石は板状に加工しやすく、建材材料として古くからヨーロッパなどで屋根材として利用されてきました。
数百年もの風雨に耐えて、現在にその美しさを保っているヨーロッパの街並みには欠かすことのできないものとなっています。
クールーフ工法はこの石を独自の工法で葺く石の屋根です。

天然石の屋根
天然石の屋根ブラック
天然石の屋根グリーン
クールーフ工法の特長
①屋根裏部屋が暑くない

当社独自の工法により、屋根部の熱を自然の風力で自然換気することで従来の屋根以上の涼しさを実現。

屋根温度比較表
②石だけれども軽い

広い面積の石を独自の引っ掛け工法で葺くので重ねしろが少なく、現在普及している和瓦に比べ約30%も軽く葺くことができます。そのため屋根が重くならないので地震の揺れなどに対しても構造躯体に負担がかかりません。

③環境・エコロジー・健康

天然石ですので廃棄時に二酸化炭素や有害な化学物質を排出しません。また、引っ掛け工法なので石に傷を付けることなく再利用が簡単にできます。

天然石の分類

岩石は形成方法によって、「火成岩」、「堆積岩」、「変成岩」の3つの種類に分けることができます。火成岩はマグマが冷え固まってできた岩石で、地上もしくは比較的浅い地下で固まった火山岩と、地下の深いところで固まった深成岩に大別されます。堆積岩は水や風によって砂や土、動物などの死骸が堆積してできた岩石。何が堆積してできたかにより、石種の特徴が異なります。変成岩はもともと堆積岩や火成岩であったものが高温や高圧などの条件に晒されて、鉱物の組み合わせや組織が変化したものです。岩石は産地によりやわらかさ(加工のしやすさ)や色み、質感などのさまざまな個性があります。

天然石(クールーフ)ができるまで

無添加住宅開発者が建材を世界中で探し求めていた時、たまたま寄り道をしたのが「アンドラ公国」という国でした。そのアンドラ公に国実在する石屋根の家をヒントに日本での石屋根(クールーフ)の導入をしました。そんなクールーフは粘板岩が採れる山を削り生産するので同じものが二つとない世界でたった一つの天然石なのです。

①クールーフの原産地は多くの粘板岩が産出される南米のブラジル。

②山を削り、クールーフが加工できる大きさに天然石を採掘する。

③クールーフとして使えるように石をカットする。

④加工後は輸送のためにしっかりと梱包し順次出荷していく。

⑤特許技術のクールーフ工法により天然石を屋根に施工。

⑥天然石を葺き終わると外観の天然石が創る独特の風合いとなる

天然石の屋根ブラック