建築現場で使う「スケール」について

建築現場での必須アイテムの「スケール」。
意外と知られていないことが多いのでお話させていただきます。

スケールとは?

建築現場で登場する「スケール」とはいわゆるメジャーのことで

す。

写真は日頃愛用しているスケールです。

スケール
スケール

ゼロ点補正移動爪

スケールの先端についている金具。少し動くような気がします。
「もしかして不良品?」
「壊れてるの?」
と一瞬思ってしまいますが、このおかげで正確に寸法を測ることができるんです!

この動く先端部分のことをゼロ点補正移動爪と言います。
金具の厚み分を補正してくれるものです。

みなさんはご存じでしたでしょうか?

ゼロ点補正移動爪
ゼロ点補正移動爪
引っ掛け測定

引っ掛けると爪の部分は先端方向へ移動します。

先端が動くことにより、金具の厚み分の隙間ができて補正されます。

スケール金具
引っ掛けて使う場合

突当て測定

突き当てると爪の部分は本体(手元)方向へ移動します。

先端が動くことにより、金具の厚み分の隙間がなくなり、補正されます。

スケール使用方法
押し当てて使う場合

現場では当たり前に使っている言葉や道具も一般的には知られていないことも多いのかもしれません。
そういう「現場あるある」の話をまたブログでお伝えしていきたいなと思っております。

みなさまからのご質問や住まいづくりのご相談もお待ちしております。

お電話でのお問い合わせ

0771-22-3477

フォームからのお問い合わせ

    お名前
    メールアドレス
    電話番号
    郵便番号
    都道府県
    ご住所
    当社を知っていただいたきっかけ
    ご計画の内容
    お問い合わせ内容をお書きください
    入力内容をご確認の上、こちらのチェックボックスにチェックを入れてから送信してください。